効果のあるレスベラトロールサプリのランキング

長寿遺伝子を目覚めさせるレスベラトロール

 

サーチュイン(Sir2)という長寿遺伝子と呼ばれるもので、細胞の死滅を防止することで老化を遅らせて、若々しさを保つ働きがあります。これは、よく言われる「長寿の里」などの特別な人たちが持つ遺伝子ではありません。人間を含めたすべての生物が持っている遺伝子です。

 

こんなに素晴らしい働きをする遺伝子ですが、普通の生活をしていると眠った状態で働くことはありません。せっかくみんなが持っている長寿遺伝子を目覚めさせるためには、2つの方法しかありません。ひとつは、食事制限をすることです。サーチュインは飢餓状態でないと活性化しません。眠ったままです。

 

では、断食でもしなくてはならないかというと、そこまでしなくても普段食べる量を7割程度減らすことで、この長寿遺伝子が活性化することが研究で判明しています。

 

もうひとつはレスベラトールを摂取することです。今までは、食事の制限だけでしか長寿遺伝子のサーチュインを活性化することはできませんでした、しかしレスベラトールが長寿遺伝子を活性化することが分かり、テレビや雑誌などのマスメディアに大きく取り上げられています。人間だけでなく生物は、生きていくために、絶えず細胞分裂や、蘇生・再生が行われています。しかし、細胞分裂できる回数は限られています。

 

最終的には細胞分裂ができなくなって、細胞がどんどん死滅して老化していきます。長寿遺伝子が活性化すると、細胞の死滅を防ぐことができ、結果として老化を防ぐことができるようになります。

 

 

サーチュイン遺伝子のスイッチを入れるには

 

長寿遺伝子とはサーチュイン遺伝子とも呼ばれています。特別な人にだけある遺伝子ではなく、誰にでもあるものです。ただし、この長寿遺伝子は普通の状態では眠っていて、全く働こうとはしません。眠っている長寿遺伝子を起こす役目、すなわちスイッチをオンにするのが体を「飢餓状態に置く」「カロリー制限する」ことです。

 

長寿遺伝子が「このままでは、細胞が死んでしまう!何とかしなくては」と危機状態を感じ取り、空腹感がアラームを鳴らします。すると長寿遺伝子のスイッチが入り、体のあちこちに指令を出し始めます。一度オン状態になった長寿遺伝子は、成長ホルモンの分泌を促したり、筋肉や骨をつくり、基礎代謝を促します。

 

また、脂肪の燃焼をしやすくしてエネルギーを作り出します。ですから、長寿遺伝子が活発化すると、細胞も活発化し、若さをキープ出来るということです。具体的には、心臓病、心疾患を防いだり、肝機能障害の予防改善、糖尿病の予防改善、肌細胞の活性化で、美しい素肌にしてくれます。

 

その他にも特に注目されているのが、脳機能の活性化です。アルツハイマーや認知症を予防するための効果も徐々に認められてきています。若さを保つ秘訣が「カロリー制限」だといって、無理なダイエットをしてしまうと逆効果です。カロリーを減らしすぎたりすると、免疫機能が低下したり、骨密度が減少したり、体にとってマイナス面が出てきます。

 

栄養のバランスを考えて、お腹いっぱい食べるのではなく「もうちょっと食べたいな」というところでやめておく習慣をつけましょう。

 

アンチエイジングに効果的なレスベラトロール

 

美肌を目指すには、肌の細胞のうまれかわりを正常に行わせる事が最も近道といえます。レスベラトロールはここでも美肌作用に大きく関わってきます。肌の細胞が生まれ変わる事をターンオーバーといいます。生まれた肌細胞が表面に押し上げられて垢となって排出されるまでの周期は、28日が理想とされています。

 

ですがこの機能が衰え、年齢とともにこのターンオーバーが正常に行われなくなっていくと周期は大きく乱れてしまいます。1日や2日の話ではありません。40代の肌では、この周期が40日にもなってしまうといいます。ですがこの周期はレスベラトロールを摂取することによってもとの正常な周期に戻してあげる事が可能です。

 

レスベラトロールには細胞の生まれ変わりをサポートする採用があります。これはレスベラトロールには細胞を活性化するテロメアDNAに作用する効果があり、年齢とともになくっていってしまう細胞分裂の寿命をのばす効果があるからです。レスベラトロールによって細胞の生まれ変わりが助けられ、新陳代謝が向上します。これによって若々しく美しい肌を手にする事が可能なのです。
また<
レスベラトロール サプリにはしみやくすみの原因であるメラニンをつくりだす酵素の活性を制御する働きもあります。これらが制御されることで透き通った美しい肌になることでしょう。効果を最大限に引き出したいのであればコラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分も一緒に摂取する事もよいでしょう。

 

いぼの予防法

 

いぼの発生を予防することは簡単なものではありません。何か特別な前兆があったり普段とは違う結果が発生した場合に予防したりするのは原因を突き止めて対策もできます。

 

しかし、何も前兆もなく突然できてしまったものであれば予防も難しいです。多くの場合、いぼは突然発生すると言われています。そのため予防や対策は困難なものであります。

 

しかし全く予防できない訳ではありません。日頃から少しずつでも生活に気を付けていればウイルス性のいぼも加齢性のいぼもある程度抑止することができます。また、二次感染を防ぐには他人からうつされるのを予防するだけではなく、自分かたら他人にうつさないように予防することも大切なことです。

 

ウイルス性のいぼ対策は感染の疑いがある人、物には近づかないことです。家族で発症している人がいる場合はバスタオルやマットを共有して使用しないなど十分に注意する必要があります。加齢いぼは文字通り加齢が原因になりますが20代後半からでも発生する場合があります。

 

加齢いぼは顔や首などに多くみられるもので肌に蓄積されたダメージが老化に伴い新陳代謝では解消できすいぼができます。そのため肌を劣化させるダメージ源である紫外線を防ぐことです。

 

そのためには日焼け止めや、いぼがとれるクリームを塗ったり新陳代謝を良くする適度な運動、バランスのとれた食生活など日常生活で心掛けることがたくさんあります。十分な睡眠時間を確保するなど日常生活の中で事前に予防、対策しておくと加齢いぼの対策となります。

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2016 レスベラトロールサプリの効果ランキング All Rights Reserved.